HERITAGE


当初、RINKER BOATSはボート愛好家によって設立されました。

1930年代の酪農家ロシー「L. E.」リンカーは、インディアナ州のホワイトリバーでの彼のワークショップからフィッシングボートとレーシングボートを作り始めました。

その後、L.Eの息子であるジョンとヤンは、インディアナ州シラキュースにリンカービルを設立するために彼に加わりました。

彼らはウォーターライフへの情熱をもって日々の仕事に打ち込みRINKERを大きなビジネスにしました。

それは彼らの心と手、そして彼らが作ったすべてのボートへと流れ落ちるRINKERの道が形成されたことを、彼らのドライブとより良いものを作りたいという願望を通してでした。

その時点から、RINKER BOATSはアメリカのボートの最前線に立って、グラスファイバー製の構造やトライハルなどの革新を市場にもたらしました。

1960年代、Rinkerは自社製品の需要が国際的に拡大するのを見ました。

1980年代になると、RINKER BOATSはエクスプレスクルーザーに拡大し、当時の「カプティバ」ラインの背後のパワーを高めました。

今日、同じ情熱が真実であり、RINKERの名前を冠したすべてのボートに与えられています。

スポーツボートのQXラインからエクスプレスクルーザーに至るまで、すべてのRINKER BOATSには、他のどこにも見られない価値を受け取る自信があります。

RINKER BOATSは、キャプテンズチョイスに機能を組み合わせて新しいドライブとパフォーマンスパッケージを導入することで、その価値観をさらに高め顧客にさらに節約を提供します。

すべてのRINKER BOATSは、ワワシー湖のほとりにあるインディアナ州シラキュースで製造されており、中西部のハードワーク、細部へのこだわり、職人技への献身の下に製造されています。

今日、RINKERの遺産は、ボートの所有者だけでなく、会社の従業員や役員にも誇りを与えるものです。

所有する価値のあるボートを作るために必要なハードワークと情熱を常に意識しています。